家庭の保険加入例と保険の必要性

統計の結果、全く保険に入っていない家庭というのは少ないようですが、
保険料は家庭全体でバランスを取る必要があります。
そして、どの程度の保険料が妥当なのかは家庭によって違いますが、
月収の5?10%に抑えるのが一般的のようです。

保険料が高すぎて生活が苦しい、では将来の可能性のために
今を犠牲にしていることになり、本末転倒です。

家族の保険加入例にはこんなものがあります。

>>夫(会社員)
・生命保険(終身)   死亡時300万円(お葬式代を確保するための積立)
・生命保険(掛け捨て) 死亡時3000万円
(子供が大きくなるまで教育費。子供が成人したら解約)

・医療保険      入院時日額1万円(死亡保障無し)
・がん保険      入院時日額1万円(がんになったとき、診断給付金100万円)

>>妻(専業主婦)
・生命保険(終身)   死亡時300万円(お葬式代を確保するための積立)
・医療保険      入院時日額1万円(死亡保障無し)
・がん保険      入院時日額1万円(がんになったとき、診断給付金100万円)

>>子供(小学生)
・医療保険      入院時日額5000円
・学資保険      満18歳時に200万円(積立。夫死亡時には払込不要となる)

一般例ですが、最優先で加入すべきなのは夫死亡時の生命保険です。
必要とされる金額(子供の教育費、家族の生活費)が大きいからです。
また、妻が家計を多く支えている場合、妻も保障額が大きい生命保険に
加入する必要があります。

保険が必要な家族とは、
「いま、大きな病気や怪我を患ったときに、十分なお金が用意できない家族」です。
万が一が起こったとき、お金がないから治療できないという事態を避けるために
保険加入が必要です。

逆に言えば、お金に余裕があって何があっても困らないという家庭は、
保険に加入する必要がありません。
ある程度の余裕がある家庭は、保険料を抑えることが出来るのです。

そのため、保険に加入している間に貯金をして、
余裕が出来たら高い保険をやめて最低限にする、
という手段を取ることも出来ます。

優先順位として、最も大きな金額が必要なものから加入を考えていきましょう。

 1.保険とは何か

 2.医療・がん保険とは

 3.医療保険の選び方

 4.がん保険の選び方

 5.資料請求、無料相談

 6.加入する場合の注意点

 7.保険料と家計

 8.医療保険加入は必要か

 9.がん保険加入は必要か

10.我が家の体験談

11.病気と健康(まとめ)

12.相互リンク

Copyright © 2016 医療保険・がん保険見直しN@VI. All rights reserved