病気と健康

昔の映画になりますが、主人公ががんで亡くなるという有名な作品を見たことが
あります。
そこでは「がんと知らずに亡くなったのは幸いだ」と話されていました。
けれども、病気であることを知って、治るならどうしても治したいと思うのが
普通のことだと思います。

病気になったり、怪我をする可能性は誰にでもあります。
さらに重い病気にかかったり、大きな怪我をすることもありえます。
ただ、可能性が低いので「自分だけは大丈夫」とどこかで思ってしまいがちです。
しかし、実際にそんな場面になったとき、保険は大きな力になります。
保険に入っていて、健康なままで「損をしたなあ」と後悔するのと、
保険に入らないでいて、病気になったときに保険に「入っておけばよかった」と
後悔するのでは、後悔の質が違うものではないでしょうか?

万が一の時、お金がないから治療を諦めるということはとても残念なことです。
また、病気・怪我を負うだけでも生活が一変することがあります。
さらに収入・支出面でも影響が出て生活まで苦しくなる...といった事態
はなるべく避けたいものです。

保険の中でも医療保険、がん保険は、確実に元が取れるものではありません。
生涯健康なままでいられたら、それはそれでとてもいいことです。
けれども、誰もが健康でいられるとは限りませんし、転ばぬ先の杖、
という言葉もあります。
将来の不安を解消し、病気や怪我によるリスクを避けるために、
保険加入を検討してみてはいかがでしょう。

 1.保険とは何か

 2.医療・がん保険とは

 3.医療保険の選び方

 4.がん保険の選び方

 5.資料請求、無料相談

 6.加入する場合の注意点

 7.保険料と家計

 8.医療保険加入は必要か

 9.がん保険加入は必要か

10.我が家の体験談

11.病気と健康(まとめ)

12.相互リンク

Copyright © 2016 医療保険・がん保険見直しN@VI. All rights reserved