通院給付金、保険料の免除

(6)上皮内がん等、初期がんも支払い対象か

入院給付金や、診断給付金について、上皮内がんなら保障対象外
(もしくは診断給付金の額が下がる)、などという保険もあります。
「がんと診断されたら給付金が出る」という場合、
その「がんと診断される」条件をよく確認しておきましょう。

特に古いタイプのがん保険に加入している場合、悪性がんしか保障されない
などの条件があることがあります。
既にがん保険に加入済みの場合、
一度その条件を確認してみるといいかもしれません。


(7)通院給付金

医療技術の進歩により短期入院・退院後は通院で治療が可能ながんもあり、
通院費が高額になる場合もあります。
診断給付金でまかなう、もしくは通院時の給付金を設定することで出費を
カバーすることが出来ます。


(8)手術給付金

がんで手術を受けた際に保険金が給付されます。
手術内容により異なる保険と、一律の保険がありますので、
それぞれ保険を比較してみましょう。


(9)保険料の免除

がんと診断された場合以降の保険料が免除される保険があります。
がんの治療は長期にわたることもあり、再発の可能性も心配されます。
そのため、診断後保険料が免除される保険は、
がんの罹患を心配する人にとって心強い保障といえます。


(10)その他特約

・先進医療特約:
医療保険でつけている場合、重複する必要はありません。
先進医療については現在がんの治療に関するものも多いため、
加入しておくと安心です。

・セカンドオピニオン:
医療措置について相談できたり、
専門医を相談できる窓口へ無料で相談できます。

 1.保険とは何か

 2.医療・がん保険とは

 3.医療保険の選び方

 4.がん保険の選び方

 5.資料請求、無料相談

 6.加入する場合の注意点

 7.保険料と家計

 8.医療保険加入は必要か

 9.がん保険加入は必要か

10.我が家の体験談

11.病気と健康(まとめ)

12.相互リンク

Copyright © 2016 医療保険・がん保険見直しN@VI. All rights reserved