掛け捨て?貯蓄?

保険に入るとき、掛け捨ての保険か貯蓄型の保険にするかは
よく考えなければなりません。
ただ、家計に余裕がない場合、貯蓄型の保険はあまりお勧めできません。

貯蓄型の保険は、あくまで保険であって現金による貯蓄の代わりにはなりません。

保険を担保に保険会社からお金を借りることも出来る場合がありますが、
そのような事態に陥った時点で、そもそも保険で貯蓄していることに誤りが
あったことになります。
貯蓄型の保険は余剰資金が潤沢な場合考えても良いでしょうが、
家計に余裕がない場合は掛け捨ての保険がお勧めです。
最低限の金額で最大の保障が買えるからです。

逆に、家計に余裕がある場合は、
利率がよい保険に入ることで更に資産を増やすことも可能です。
最近は利率がよい保険は少ないですが、銀行の預貯金よりは有利な商品も
ありますので、探してみてはどうでしょうか?

もう一点、保険会社の倒産リスクも保険加入時の重要な要素になります。
保険会社は絶対に破綻しないとは言い切れません。
貯蓄型の保険に入っていた場合、保険会社が倒産をすると損をする可能性が
あります。
掛け捨て保険の場合、その損失を最低限にすることが出来ます。
保険会社の格付けや安定度及び倒産時のリスクについては、
保険に加入する際に保険会社からの説明があると思いますので、
積極的に聞いてみましょう。

また、保険料を減らすことに重点を置きすぎて保障を削りすぎてしまうと、
いざというときに保険が頼りにならないという事態に陥る場合があります。
必要な保障を考え、家計の中でどの程度の保険料で収めたいのかを
よく考えてみましょう。
家族全体のバランス、そして何よりその家庭が納得する内容での保険加入が
重要になります。

 1.保険とは何か

 2.医療・がん保険とは

 3.医療保険の選び方

 4.がん保険の選び方

 5.資料請求、無料相談

 6.加入する場合の注意点

 7.保険料と家計

 8.医療保険加入は必要か

 9.がん保険加入は必要か

10.我が家の体験談

11.病気と健康(まとめ)

12.相互リンク

Copyright © 2016 医療保険・がん保険見直しN@VI. All rights reserved